栄養素

栄養素調べ:ビタミンE(活性酸素から細胞膜を守るアンチエイジング・ビタミン)

投稿日:

今日はビタミンEについて説明します。

ビタミンEはアンチエイジング・ビタミンとも言われています。

なぜなら、ビタミンEは老化の原因といわれる活性酸素から細胞膜を守る働きをしてくれるからです。

活性酸素が体内に増えすぎると、細胞膜の脂質が酸化し、過酸化脂質となります。

この過酸化脂質が体内にたまると、血液の流れが悪くなって頭痛や肩凝りなどを引き起こしたり、動脈硬化の原因になる場合もあります。

ひいては臓器や皮膚などの老化の原因になってしまいます。

ビタミンEは活性酸素の働きを抑える

この活性酸素の働きを抑えてくれるのがビタミンEです。

活性酸素の働きが抑えられると、血液の流れが良くなり、前述の頭痛や肩凝りの改善、冷え性の改善にもつながります。

ビタミンEは女性の美容にも有益

ビタミンE女性の美容にとっても有益な栄養素です。

肌の代謝を促しシミを抑え髪の毛の乾燥を防ぐなどの効果があります。

それから女性ホルモンの生成を助けて生殖器を保護してくれます。

ほかにも、生理不順や生理痛の改善、不妊にも効果があるといわれています。

ビタミンEが多く含まれる食材

ビタミンEが多く含まれる食材に位は、

アボガドクルミゴマピーナッツウナギヒマワリ油パプリカモロヘイヤカボチャ

などがあります。

ビタミンEを含む食材の調理方法

ビタミンEはビタミンA、D、Kと同様、脂溶性(油に溶けやすい)ビタミンなので油と一緒に食べると吸収力が高くなります。

また、熱や酸にも強いので調理しても成分が損なわれません。

同じく抗酸化作用の高いビタミンAビタミンCと一緒にとるとより効果が高まるのでおすすめです。

 

こちらの記事も読まれています

-栄養素
-

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.