セキュリティ

知らぬ間に個人情報がダダ漏れに、プライバシー設定を変更する(Windows10)

更新日:

Windows10では、インストールした初期設定で、プラバイシー情報をアプリ間やMicrosoftと共有する設定になっています。

動作が重くなる原因ともなりますので、まだプライバシー設定を確認していない方は、一度確認してみることをおすすめします。

スタートメニューの「設定」→「プライバシー」の順に選択してプライバシーオプションの設定画面を開きます。

1.スタートメニューの「設定」をクリック

img_2016-10-2_2-46-23

2.「プライバシー」をクリック

img_2016-10-2_2-45-23

3.プライバシーオプションの設定画面

img_2016-10-2_2-33-49

初期設定では、名前画像、そのほかのアカウント情報にアプリが自由にアクセスできるようになっています。

また、位置情報もアプリやWindowsのサービスで取得できるようになっています。

なんとカメラへもアプリが自由にアクセスできるようにもなっています(ひどい)

その他、アドレス帳や、カレンダーにもアプリからアクセスできるようになっていたり、アプリが勝手にメール送信できるようにもなっています。

Bluetoothなどの無線を使ったデータの送受信もできるようになっています。

気になる方は、とりあえず一通りオフにしておいた方がいいでしょう。

一番下の、バックグラウンドアプリも不要と思われるものはオフにした方が無難でしょう。

初期設定が個人情報ダダ漏れの設定になっており、最初に見たときぞっとしました。

とりあえず、気になるものはすべてオフにしてしまった方がいいと思います。

 

こちらの記事も読まれています

-セキュリティ
-

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.