防災

天気予報での雨の強さの表現【人への影響は?】

更新日:

近年、ゲリラ豪雨台風など、一度に大量の雨が降ることによる水害のニュースが増えています。

天気予報で報じられる雨量の表現は様々あります。

以下に、降雨量(※1時間の雨量)による天気予報での表現の種類別に、生活への影響と対策についてまとめました。

出かける際の装備や、住居周辺の水害対策の参考にしてください。

[toc heading_levels="2,3"]

1時間の雨量による表現

80mm以上~【猛烈な雨

息苦しくなるような圧迫感がある雨です。

恐怖を感ずるほどで、傘は全く役に立ちません。

水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなりますので、車の運転は危険です。

雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要です。
(画像はNNNからの引用です)

50mm以上~80mm未満【非常に激しい雨

滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)雨です。

傘は全く役に立たなくなります。

都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合があります。また、マンホールから水が噴出する場合があります。

水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなるので、車の運転は危険です。

土石流が起こりやすくなり、多くの災害が発生します。
(画像は47newsからの引用です)

30mm以上~50mm未満【激しい雨

バケツをひっくり返したような猛烈な雨です。

傘をさしていても濡れてしまいます。

道路が川のようになります。

高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなるので注意が必要です(ハイドロプレーニング現象)。

山崩れ・崖崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要です。

これほど強い雨だと、都市では下水管から雨水があふれます。

ハイドロプレーニング現象

自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込んで、水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象。

水膜現象ともいいます。


(画像は西日本新聞からの引用です)

20mm以上~30mm未満【強い雨

どしゃ降りの雨です。

傘をさしていても濡れてしまいます。

側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まるので、地域によっては注意が必要です。

寝ている人の半数くらいが雨に気がつくほどの雨です。

地面一面に水たまりができます。

運転中、ワイパーを速くしても前方が見づらくなるほどの雨です。


(画像は毎日新聞からの引用です)

10mm以上~20mm未満【やや強い雨

ザーザーと降る雨です。

相当強い雨で、地面からの跳ね返りで足元が濡れ、雨音で人の話し声がよく聞き取れないほどの雨量です。

パッと見てかなり降っていると印象を持つくらいの雨です。

地面一面に水たまりができます。
この程度の雨でも長く続く時は注意が必要です。

3mm以上~10mm未満【並みの雨

地面に大きな水たまりができるほどの雨です。

大分降っている印象を持つほ雨量です。

2mm以上~3mm未満【弱い雨

地面がすっかり濡れる程の雨です。

普通の雨の降水量です。

ほぼ100%の人が傘をさします。

2mm未満【小雨

数時間続いても雨量が1ミリにも満たない程度の雨。

地面がかすかに湿る程度です。

傘がなくても問題ない雨量です。

1時間に50ミリ以上の雨の雨量とは?

たとえば、1時間に50ミリ以上の雨(非常に激しい雨)とは、1時間に雨水が50ミリつまり5cm貯まる雨量を表します。

大した量じゃなさそうですが、1平方メートルあたり50リットルもの水量になります。

1リットルの牛乳パック50本です。

それが低地などに集まるとたちまち洪水が発生してしまいます。

終りに:

ちなみに日本史上最高の1時間降水量は、1999年10月27日に千葉県佐原市で記録した153ミリです。

本州南岸で急速に発達した低気圧がもたらした雨でしたが、上に書いた最も強い80ミリ(猛烈な雨)の倍近くの雨量です。

とてつもないですね。



 


-防災
-

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.