便利

1枚のnanacoカードでチャージ上限の倍額の10万円までの支払いをする方法

更新日:

一度にチャージできる上限が5万円のnanacoカード1枚で、その倍の10万円までの支払いができるようになる方法です。

まず、上限の5万円をnanacoにクレジットチャージ

nanacoの公式サイトにアクセスし、「クレジットカードからチャージ」で上限の5万円までチャージします。

クレジットカードでnanacoにチャージすることを「クレジットチャージ」といいます。
nanacoにクレジットチャージした5万円はセンター預かり分となります。

nanacoカードにクレジットカードを登録していない場合は、nanaco会員メニューでクレジットカードの登録をします。
nanacoカード一枚につき、クレジットカード1枚が登録可能です。

クレジットチャージできるクレジットカード

対応しているクレジットカード
セブンカード/アイワイカード、ミレニアムカード セゾン/クラブ・オン カード セゾン、、JCB系カード、セゾン系カード、UC系カード、三井住友カード、VJAグループカード、ジャックスカード、JP BANKカード、DCMXカード、MUFGカード(※「MUFGカード(American Express(R))」は対象外)、DCカード、UFJカード、NICOSカード(※「NICOSのみ(VisaまたはMasterCard(R)付帯なし)」は対象外)、セディナカード、OMCカード、ライフカード、NTTグループカード、オリコカード

セブン銀行のATMで「残高照会」を行います

セブンイレブン店内やセブン銀行行内にあるATMで「残高照会」をすると、チャージしたセンター預かり分の5万円が、nanacoのカード残高に移されます。

再度、クレジットカードでnanacoに5万円をチャージします

nanacoのカードに5万円を移したので、センター預かり分が0円になります。

これでまたクレジットチャージができるようになりますので、
再度上限の5万円までクレジットチャージし、「センター預かり分」としておきます。

レジで支払いの際に「残高確認」をする

レジで5万円以上の代金を支払う際に、nanacoにチャージされた5万円では残高不足になるので、店員に「残高確認」を依頼します。

そうするとセンター預かり分の5万円がnanacoカードに移されて、残りの支払いに利用できるようになります。

クレジットチャージに最もおすすめのクレジットカードは「リクルートカード」

nanacoにクレジットチャージするのに最もおすすめのクレジットカードは「リクルートカード」です。

1ポイント=1円として使えるリクルートポイントが、1.2%の高還元率で貯まるだけでなく、年会費も永年無料です。

リクルートポイントは「ポンパレ」などリクルート系列のショップで使うことができます。また、ローソンなどで使える「Ponta」ポイントとの交換もできます。
※リクルートポイント 1ポイント → Pontaポイント1ポイント で交換可能

Yahoo! JAPANカード(Tポイント1%還元)や、楽天カード(楽天ポイント1%還元)と比較しても高い還元率となっています。

例えばリクルートカードを使ってnanacoに1万円をクレジットチャージすると
10,000円 × 1.2% = 120円
120円分のポイントがたまります。

さらにチャージしたnanacoで1万円を支払うと、nanacoのポイント還元は1%(100円につき1円のポイント)なので、
10,000円 × 1.0% = 100円
100円分のポイントがたまります。

220円分のポイントを取得することができます。
これで2.2%のポイント還元ができてしまいます。

リクルートカードのお申込みページへ

まとめると

クレジットチャージ ⇒ ATMで残高照会 ⇒ 再度クレジットチャージ ⇒ レジで店員に残高照会を依頼
という流れになります。



 


-便利
-,

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.