これだけは覚えたいロープワーク「もやい結び」の結び方

もやい結びは、ロープワークの中でも簡単でかつ強度もあり「結びの王様(キング・オブ・ノット)」と呼ばれています。

荷重がかかっても結び目が動かず輪の大きさが変わらないのが特徴で、どんな状況でも使われる結び方です。

1.ロープの適当なところにわっかを作ります

moyai1

2.端をわっかに通して、元のロープをくぐらせてから、再度わっかに通す

moyai2

3.端と元のロープを引っ張り、結び目をきつくする

moyai3

4.完成です

moyai4

10回ほど練習すれば、素早く結べるようになります。
ぜひマスターしてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA