睡眠

目が冴えて眠れないときの入眠法【寝床でスマホを見て眠れなくなった時におすすめ】

投稿日:

不眠寝床でスマホを見たり、本を読んだり、考え事をしたりして、頭が冴えてしまい眠れなくなったことはありませんか?

一般的な睡眠法の本では、寝床ではスマホやタッチパッドのような明るい光を放ち、気持ちが興奮してしまうものは見ないことを勧めています。

しかし、分かっていてもまんじりとした状態に耐えられず、動画やSNSを見たりしてしまいます。

で、やっぱり眠れなくなってしまう。

しかも一度目が冴えると、何時間も、時には朝までその状態が続いてしまいます

徹夜ここ数年、そんなわけで睡眠が不規則な状態が続いていました。

そんなある日、あることに気づきました。

何時間も眠れなくなる前には決まって、後頭部あたりにドクドクと血流が強く脈打っていることに。

つまり、脳の血流が多くなった状態が続くのが眠れない原因ではないか、と考えました。

そこで、頭の血流を鎮める方法を色々試してみたところ、実際に眠れるようになったので、その方法を紹介します。

脳の血流を抑える方法

まず頭以外の部位の血流を上げる

横になって全身の筋肉がリラックスした状態のときは、起きて活動している日中と比べて全身の血流は多くありません。

この時に脳が興奮状態になると、脳にばかり血流が集中してしまいます。

それに、一旦この状態になるとなかなか収まりません。

これが眠れない原因となっていました。

そこで、まずは頭以外の部位の血流を一旦上げます

特に下半身の大きな筋肉は、血流をうながす強力なポンプの働きをしているので、足の運動をして血流を上げるのは効果的です。

具体的には、足の太ももの筋肉に力を入れたり抜いたりを繰り返したり、または、バタ足の運動をしてください。

それにより、血流が下半身にも分散されます。

全身の血流を下げる。

少し疲労感を感じるくらい足の運動をしたら、今度は全身の血流を鎮めます。

身体をリラックスさせて、深呼吸をしましょう

息を吸う時間よりもゆっくり吐くようにして呼吸すると、気分が落ち着きリラックスしやすくなります。

次第に頭の興奮が冷めて、眠りに入る準備が整います。

それでも眠れないときは?

スクワット以上のことを試しても眠れないときは、同じことを繰り返してください。

一旦起き上がって、スクワットをするのも効果的です。

とにかく、下半身の方に血の巡りを持っていくイメージです。

これで頭の冴えが引き、眠りやすい状態になるはずです。

まとめ

というわけで、寝床でスマホを見て目が冴えてしまった時の入眠方法を紹介しました。

私は、これをやるようになって本当に眠れるようになったので、よかったらやってみてください。



-睡眠

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.