グルメ

コーヒー1杯分の豆の価格を計算【お得なコーヒー豆情報も】

更新日:

毎日飲むコーヒー、なるべく安くておいしいコーヒーを飲みたいですよね。
どのようにコーヒー豆の値段を判断すればよいのでしょうか?

まずはコーヒー1杯分の目安となる価格を調べました。
※ここではコーヒー一杯分を140cc(=140ml、缶コーヒーは180ml)とします。

以下はその計算方法です。


そもそもコーヒー1杯分のコーヒー豆の分量はいくらでしょうか?
UCCのサイトを参考に記載されていました。

コーヒー使用量の目安(140cc)
1杯分 2杯分 3杯分 4杯分
10~12g 20g前後 25~30g前後 35~40g前後

1杯分のコーヒー豆は約10g

3杯目以降、追加のグラム数が減るのは、家庭用コーヒーメーカーの性能によるものだそうです。

家庭用コーヒーメーカーでは、杯数に応じたドリップ速度の調節ができないので、分量が多いと苦味や雑味が多く抽出されてしまうんだとか。

そのため、1~2杯目までは1杯10gずつ、3杯目からは少し減らして5gずつコーヒーの分量を増やしていくとよいようです。

杯数分のコーヒー価格の計算機

以下のA、B、Cの値を入力し、「計算する」ボタンをクリックしてください。
※「C」はコーヒー使用量の目安です。そのままでもOKです。

A.コーヒー豆1袋の価格(円)

B.コーヒー豆1袋の内容量(g)

C.コーヒー1杯分のグラム数(g)
C.コーヒー2杯分のグラム数(g)
C.コーヒー3杯分のグラム数(g)
C.コーヒー4杯分のグラム数(g)
C.コーヒー5杯分のグラム数(g)

コーヒー1杯分の価格(円)
1度に2杯分淹れた場合のコーヒー1杯分の価格(円)
1度に3杯分淹れた場合のコーヒー1杯分の価格(円)
1度に4杯分淹れた場合のコーヒー1杯分の価格(円)
1度に5杯分淹れた場合のコーヒー1杯分の価格(円)


お値段以上!おすすめのコーヒー

うちでは日ごろスーパーで安売りしているレギュラーコーヒー(抽出して飲む挽いた粉のコーヒー)を買ってきて飲むことが多いです。

例えばUCCのレギュラーコーヒー「ゴールドスペシャル・リッチブレンド」はAmazonでは一袋400gで価格は597円。

UCC ゴールドスペシャル リッチブレンド SAP 400g

UCC ゴールドスペシャル リッチブレンド SAP 400g

616円(05/22 22:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

1杯分(10g)の価格は597÷40で約14.9円となります。

これを基準にもっとお得なコーヒーはないか探してみました。

Amazonで高評価の「澤井珈琲ファミリーブレンド」

創業35年、銀座にも店を構える澤井珈琲のブレンド豆です。

Amazonで高評価の理由は、まずこの価格です。
2kgで2,570円、1杯分は12.5円。
UCCのレギュラーコーヒーよりも安い価格で豆からひいたコーヒーを飲むことができます。

味についても

「全く飽きのこない味」
「セットの中に色々なブレンドがあり違った味が楽しめる」
「想像の上を行く美味しいコーヒー」

と評判は上々です。

コーヒー好きにとっては、コーヒー豆代は固定費のようなものですよね。

今後もお得なコーヒー豆を紹介していきます。

コーヒー語辞典: 珈琲にまつわる言葉をイラストと豆知識でほっこり読み解く

コーヒー語辞典: 珈琲にまつわる言葉をイラストと豆知識でほっこり読み解く

山本 加奈子
1,620円(05/22 22:23時点)
発売日: 2015/05/07
Amazonの情報を掲載しています
 

こちらの記事も読まれています

-グルメ
-

Copyright© 生活防衛ブログ , 2019 All Rights Reserved.