ハードの修理方法

iPad miniの液晶画面に縦線のノイズが出るようになった場合の修理方法は?

更新日:

先日、4年ほど愛用していたiPad mini2の画面に縦線のノイズが入るようになってしまいました。

すぐに買い替えるのは惜しいと思い、修理方法や費用などついて調べました。

以下はその内容のまとめです。

症状について

の画面に縦線のノイズが入る症状について調べたところ、原因は液晶画面の劣化によるものだそうです。

つまりソフトウェアではなくハードウェアの故障なので、修理するには液晶パネルを交換する必要があるということでした。

修理業者に聞いたところ、使用期間4年程度で液晶パネルが壊れるのは珍しいそうです。

iPadを落としてガラス面ごと壊れることや、本体と一緒に損傷することはあっても、液晶パネルだけ壊れるということはまずないそうです。

最近、何度か風呂場で使っていたのが原因かもしれません。もっと丁寧に扱っていればよかった。

修理費用は?

修理はAppleに依頼する方法と、スマホの修理なども請け負っている修理業者に依頼する方法があります。

Appleに依頼すると確実で安心ですが、費用は1万円ほど高くなります。

Appleに依頼する場合

修理にかかる費用

アップルのサポートページで修理の見積額を確認したところ、22,800円と表示されました。

これは税別額なので、実際の税込み費用は24,624円になります。

ただし、郵送費用はこの価格に含まれます。

修理を依頼するとクロネコヤマトが受け取りに来て梱包したうえAppleへ配送してくれます。

修理にかかる期間

修理にかかる期間は、受け取りに来てから手元に戻ってくるまで1週間ほどだそうです。

修理は液晶パネルの交換のみではなく、その他いくつかのパーツも一緒に交換されるようです。

その他注意点

修理を依頼する際は、「iPadを探す機能」をOffにする必要があります。

修理工場の場所が極秘なためでしょうか。

自機でも確認したところONになっていました。

これはなくしたiPadを探す機能なのですが、GPSとは知りませんでした。

Apple以外の業者に依頼する場合

Apple以外の修理業者に依頼することも可能です。

安いところだと1万円から、高い業者でも1万5千円ほどで修理を受け付けています。

ただし、Apple以外の業者で修理してしまうと、以降はAppleCare有償サポートを受けていてもアップルの保証が無効になってしまうので注意が必要です。

その他、いくつか注意が必要な点があります。


価格だけじゃない!修理業者を選ぶ際の注意点

いくつかの修理業者に問い合わせてみましたが、業者により技術力に結構差があり、技術力の高い業者を探して依頼する必要があるようです。

業者の技術力で差が付く理由

どういったところで差が出るかというと、液晶パネルを取り外す際にiPadのガラス面ごと外すのですが、このガラス面は接着剤で本体とくっついているため、取り外す際にガラス面が割れてしまう場合が多いらしいのです。

業者により差が出るのはガラスが割れる頻度と程度です。

技術力がない業者の場合、割れる確率が高いうえ、少々の割れでは済まず、ガラス面ごと交換になってしまいます。

そうなるとガラス面の修理代金約10,000円が加算されてしまうというわけです。

ガラスが割れてしまう確率は何%ですか?」と言う聞き方をいくつかの業者にしてみたんですが、ある業者では90%、ある業者では20%と大きな差がありました。

なので電話で問い合わせるなどして、しっかりこの点を確認してから依頼することをお勧めします。

また、郵送で依頼する場合は別途往復の郵送費用がかかります。

その他の注意点

ガラス面にフィルムを貼っている場合は、はがしておく必要があります。

データのバックアップも必ずしておいてください。

液晶パネルを交換する際に基盤が損傷してしまう可能性があるからです。

その場合、基盤の交換費用が追加で発生する上、もともとあったデータが復旧できなくなってしまいます。

また、修理した商品を受け取った後の動作保証期間が業者により異なるので、その点も確認してから依頼してください。


終りに:修理するならAppleがおすすめ、でも新品を買った方がいいかも

いかがでしたか?

Apple以外の業者で修理しても郵送代を含むと20,000円はかかってしまうようです。

これだとアップルの正規店に依頼した場合(24,624円)と比べて5,000円ほどしか変わりません。

それに、修理中の損傷で追加費用が発生する可能性もありそうですし、Appleに依頼するのがよさそうです。

それだけ支払うなら新品を買った方がいいかもしれません。

新型の128GBiPad mini4を買っても税込み49,764円です。

価格は高いですが、一回り大きい10.5インチのiPad pro(256GBで税込み93,744円)も魅かれます。

若干動作は重いですが、kindle fire7でもパッチを当ててGoogle Playを使えるようにすれば、iPadとほぼ同じことができます。

音声入力が使えないのが残念ですが。

修理すべきか新品を買うべきか悩ましいですね。

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB ゴールド MK9Q2J/A

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB ゴールド MK9Q2J/A

47,735円(10/21 07:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 256GB MPF02J/A [シルバー]

Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 256GB MPF02J/A [シルバー]

87,790円(10/21 07:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

こちらの記事も読まれています

-ハードの修理方法

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.