インフルエンザ予防は20分おきに水分を喉に流し込むと効果あり

今年もインフルエンザが流行ってますね。

例年、インフルエンザの流行のピークは1月下旬から2月だそうです。

そこで、今日は最近話題のインフルエンザ予防法を紹介します。

うがいやマスクなどよりも効果的な方法です。

それは「20分おきに水分をとり口内や喉を洗浄すること」です。

なぜ20分おきの水分摂取で感染予防効果があるのか?

なぜ水分の摂取が効果的かというと、口内や喉に付着したインフルエンザウィルスが、飲料を飲むことにより流し落とされるからです。

そのままウイルスごと飲み込んで胃に入ってしまえば胃酸によりウイルスが分解され、感染は生じなくなります。

なぜ20分おきかというと、インフルエンザウィルスが体内の粘膜に付着してから感染するのが約20分後だからだそうです。

特にカテキンを含むお茶は効果的です。

カテキンにはインフルエンザウィルスの感染抑止効果や、ウィルスの増殖を抑える効果があることが確認されています。
カテキンの効果・作用 | 日本カテキン学会

カテキン茶はダイエット効果もありますよ!

終りに:免疫力を高めてさらにかかりにくく

お茶に限らず飲み物であれ何でもいいので手軽にできそうですね。

それから、同じ環境でも免疫力が高い人ほどインフルエンザにかかりにくくなります。

免疫力を高めるには体を温めるといいといいます。

なるべく温かい服装をして体を冷やさないようにしましょう。

どうしてかぜをひくの?インフルエンザになるの? (やさしくわかるびょうきのえほん)

どうしてかぜをひくの?インフルエンザになるの? (やさしくわかるびょうきのえほん)

WILLこども知育研究所
1,430円(06/27 00:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA