防犯

最近の泥棒の侵入手口とは?【意外な事実が…】

更新日:

都内における侵入窃盗認知件数の推移住宅を対象とする窃盗事件は、東京都内では一昨年まで減少傾向にありましたが、昨年は再びわずかに増加に転じました。

泥棒はどの様な手口で住宅に侵入するのでしょうか?

警視庁発表の資料によると、意外なデータが出ています。

泥棒の手口別発生状況

侵入窃盗の手口別発生状況

住宅を対象とする泥棒には空き巣忍び込み居抜き3つの種類があります。

空き巣 家人が不在の住宅に侵入し、金品を盗むこと。
(2074件、76.5%)
忍び込み 夜間、家人の就寝時に住宅に侵入し、金品を盗むこと。
(438件、16.2%)
居抜き 家人が在宅し、昼寝、食事等をしているすきに住宅に侵入し、金品を盗むこと。
(198件、7.3%)

空き巣が最も多いが、家人が在宅中の侵入も少なくない

データでは最も多いのは空き巣被害ですが、家人が在宅中の侵入が4分の1近くあるのは驚きですね。

もし家人が侵入者に気付いて遭遇してしまった場合、下手をすると暴行被害にもあいかねません。恐ろしいですね。

最近こんな漫画が話題になりました。
↓ ↓ ↓

【漫画】「知らない人が窓から入ってきた話」

では、どの様な方法で泥棒は屋内に侵入してくるのでしょうか?

泥棒の主な侵入手段

泥棒の主な侵入手口には以下のものがあります。

無締り 鍵を掛け忘れた玄関、窓等から侵入
ガラス破り ガラスを割ったり、こじ破って侵入
施錠開け ドア錠等を様々な特殊工具を使用し開錠して侵入
ドア錠破り ドアの隙間をバール等の工具で破壊して侵入

実際の被害状況

空き巣の侵入手段

空き巣の侵入手段

忍び込みの侵入手段

忍び込みの侵入手段

居抜きの侵入手段

居抜きの侵入手段

参照:平成29年中の住宅対象侵入窃盗の発生状況

なんと、最も多い侵入手段は無締まり施錠がされていないドアや窓からの侵入)です。

ピッキングやガラス破りなど、道具を使った侵入ではなく、家人の無警戒に付け込んだ侵入が最も多いんですね。


被害の対象となる住居の種類は?

被害は一戸建てだけじゃない。4階建て以上のマンションへの侵入も増加傾向

泥棒に侵入されやすい場所は?

参照:平成29年中の住宅対象侵入窃盗の発生状況

泥棒の侵入被害は1戸建ての住居だけにとどまりません。

最近では、4階建て以上のマンションでの侵入被害が増えています

侵入手口の対策方法は?

侵入手口の割合から判断すると、全てのドアや窓の施錠をした上で、ガラス破りや施錠開け(ピッキング)対策を施せば、被害の90%近くを防げると言えそうです。

まとめ

泥棒に侵入される原因で最も多いのが無締まり、つまり家人の施錠の見過ごしというのは驚きでした。

みなさんもまずは自宅の施錠の状況をチェックしてみてください。

セコムが教える防犯プロのアドバイス

セコムが教える防犯プロのアドバイス

発売日: 2006/06/21
Amazonの情報を掲載しています
防犯バイブル2016 (三才ムックvol.858)

防犯バイブル2016 (三才ムックvol.858)

1,500円(10/21 09:52時点)
発売日: 2016/02/25
Amazonの情報を掲載しています
 

こちらの記事も読まれています

-防犯

Copyright© 生活防衛ブログ , 2018 All Rights Reserved.